HOME白内障

白内障cataract

白内障とは

白内障とは、目の中でカメラのレンズに相当する役割を担う「水晶体」が濁る病気です。
主な原因は加齢で、そのほか外傷、糖尿病などが原因で発症することもあります。
早い方で40歳ころに発症し、80歳以上の方についてはほとんどが何らかの白内障の状態にあると言われています。

白内障は初期にはあまり自覚症状が現れず、症状が進行して視力が著しく低下した時などに初めて白内障に気づかれる方もいます。
白内障は初期のうちに適切な治療を受ければ、症状の進行を抑制することが可能ですので、年に1回の定期検診や早めの受診を心がけるようにしてください。

白内障の原因・種類

白内障の原因

白内障の原因

白内障の主な原因は加齢で、これを「加齢性白内障」と言います。
個人差はありますが、目の中の水晶体は加齢や紫外線を浴びたりすることなどで少しずつ濁っていき、視力の低下といった症状を引き起こします。
最近では糖尿病やアトピー性皮膚炎などの合併症として、若年層で白内障が発症するケースも増えています。
そのほか、外傷や薬剤の副作用などが原因で白内障が起こることもあります。

白内障の種類

種類 原因
加齢性白内障 加齢、長年にわたる紫外線曝露
糖尿病性白内障 糖尿病の合併症
アトピー性白内障 アトピー性皮膚炎の合併症
先天性白内障 遺伝、子宮内感染
外傷性白内障 目の怪我など
併発性白内障 緑内障、網膜剥離、ブドウ膜炎など
薬物性白内障 ステロイド剤などの薬の副作用

白内障の症状

  • 目がかすむ
  • 明るいところが眩しくて物が見えにくい
  • 視力の低下
  • 眼鏡が合わない
  • 物がぼやけて見える
  • 物が二重三重に見える
  • 一時的に近くが見えやすくなる

白内障の検査

視力検査

一般的に白内障の検査では、遠くを見る時の視力を検査する「遠方視力検査」を実施します。

眼底検査

瞳孔から眼球の奥にある網膜などの状態を検査することで、水晶体の濁りを確認します。

前眼部解析検査

角膜、隅角、前房などの前眼部の断面画像を撮影することで、角膜や隅角の状態などを確認します。

白内障の治療

点眼治療

日常生活に支障がない程度であれば、点眼治療などにより症状の進行を遅らせることが可能です。
ただし、症状の進行を遅らせるだけなので、症状を改善させたり、視力を回復させたりすることはできません。

手術治療

手術で濁った水晶体を取り除き、「単焦点レンズ」「多焦点レンズ」などの人工の眼内レンズを挿入して症状を改善に導きます。
手術が必要な方につきましては、連携する総合病院など適切な医療機関を紹介させて頂きます。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの見え方の違い

正常な眼
単焦点眼内レンズの場合
多焦点眼内レンズの場合
こんな時には白内障の手術を検討しましょう
  • 眼鏡をかけてもテレビが観にくかったり、本が読みにくかったりするなど、日常生活を送る上で不便を感じた時
  • 視力が低下して、細かい作業ができなくなった時
  • 天気の良い日などに外へ出ると、眩しくて見えにくい時
  • 対向車のライトが眩しいなど、車の運転に不安を感じた時
  • 視力が低下して、運転免許の更新ができなくなった時